シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法「OKR」

  • 目標の「O」(Objectives)と、
  • 主な結果の「KR」(Key Results)を設定する最も注目されているフレームワーク。
 
大きな目標「O」と具体的な数値目標「KR」を組合せることで、目先の数字に振り回されず、やる気が出て、生産性が断然上がります。
 

■前半は物語、後半はノウハウですんなりわかる!

<前半>シリコンバレーのスタートアップの物語
 
高級レストランなどに高品質の茶葉を販売するスタートアップ「ティービー」が舞台。資金調達は成功したものの、売上が伸びず、創業者同士がぶつかり、社員の不満が募る。そのときにエンジェル投資家の勧めで、ティービーに導入されたのがOKRだ。OKRの設定や運営でつまづきまくるが、やがて社内の全員が変わってくる――。
 
<後半>
OKRの設定から運営まですべてのノウハウを紹介。成功の法則、よくあるOKRの失敗例も紹介。(Amazon 引用)

■OKR「成功の法則」

  • 目標「O」はひとつ、主な結果「KR」は3つくらいにする
  • KRは「難しいが不可能ではないもの」にする。簡単すぎると意味がない、不可能ではやる気がなくなる
  • OKRはポジティブな表現にする。チームを脅してはダメ。
  • 3カ月単位で運用、でも毎週の振り返りは必ず!
  • 月曜日に進捗をチェックしてコミットしよう
  • 金曜日の「ウィン・セッション」で成果を見せ合えば、ほかの人の仕事も理解できるし、来週のやる気にもつながる!
 
「HP Way」の一環として、MBO(Management by Objectives、目標による管理)という手法を教わった。  MBOのコンセプトはシンプルで、2つの基本原則に基づいている。ひとつめは、ジョージ・パットン将軍の名言を借りると簡潔に表現できる。
 
「伝えるべきは、〝どうやるか〟ではない。〝何を求めているか〟だ。そうすれば、思いがけない成果を得られるだろう」  
 
2つめは、当時のHP社の標語そのものだ。 「パフォーマンスは結果で測る(When Performance Is Measured By Results)」  つまり、どんな機能を盛り込んだところで、その背後にあるビジネス上の問題を解決できないのなら、なにひとつ解決していないのと同じ。
 
第一の原則は、みんなのモチベーションを高めて最高の仕事をしてもらう方法、
第二の原則は、有意義な形で進捗を測る方法と言える。 
 
2つのパフォーマンス管理の原則は、今でも優れた企業やチームの運営基盤として利用されている。 
 

感想

現代のチームのほとんどは〝機能の工場〟になっていて、その機能が実際に根本的な問題を解決するのかどうかを考えていない。進捗は、 結果 ではなく 生産量 で評価される。 本書のねらいは、すべての人や組織がトップクラスと同じような運営をできるよう、手助けすることだ。(引用)
 
プロダクトを開発している会社として、とても共感するところが多いです。ついつい機能にばかり目が行き、バタフライボードの本当に解決したい課題「イノベーションを加速するには」という視点を忘れてしまうことがあります。
 
また日本人は、諸外国に比べて内的報酬に対してとてもモチベーションが上がりやすい傾向にあるため、OKRを設定し、適時「組織」と「個人」の目標が合致しており、組織の成長にも、個人の成長にも繋がるように業務がデザインされているかを再考するのはとても効果があるように感じます。
 
また、巻末最後に及川さんが劇的なことを書いており、目から鱗でした。
 
賛否両論あるかもしれないが、個人的にお勧めなのが家族関係、特に夫婦関係の改善や維持のためにOKRを使うことだ。あえて夫婦関係の意味を考えるきっかけになるかもしれないし、結果として考えるものを本書のお勧めに従ってポジティブな形で記せば(そしてもちろんそれを達成する)マンネリズムなどには陥らないだろう。
 
組織行動を、一般家庭に応用すれば、幸せを量産していく単位の家族が生き生きしてくるのかもしれません。確かに家族でのObjectives やKey Resultsは考えたことがありません。こういうアイデアを少しずつ生活に実装できると、快適に暮らせ、ライフワークに勤しみ、幸せな人生になるのかもしれません。
 
 

最後に

色々なジレンマが一気に押し寄せるスタートアップにおいて、指針をブラさずに、組織行動を統率する上で、OKRというフレームワークを手に入れられたことはとても大きな収穫でした。
 
先端のテック企業でも、会社で働く人たちは人間ですので、団体や組織での行動をしっかりデザインをして、本来の目的である「 Objective」を叶える組織になれれば素敵です。
 
本書は組織運営に関わる経営者だけでなく、組織で働く社員の人にもオススメの良書と言えます。何を動機にして、どのように働くのか。スタートアップだけでなく、大企業にも当てはまるでしょう。
 
大企業がモチベーションを上げて、速度早く意思決定を行い動き出せば、最強だと思います。その一役かうのは組織のデザインなのかもしれません。
  
フレームワークは実際に知っていても、使いきれないこともあるので、バタフライボードで一生懸命考えながら、改善を繰り返しては実装を繰り返すアジャイルスタイルが有用なのかもしれません。
 
 
バタフライボードの購入はコチラ
 
0.5mmの極細ホワイトボードペンシルの購入はコチラ