お知らせ

バタフライボード2が「2018年度グッドデザイン賞」を受賞

GD2018

バタフライボード株式会社の「バタフライボード2」が、このたび2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。「バタフライボード2」は携帯性と拡張性を追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果、高く評価されました。当社では今回の受賞を契機にバタフライボード2の販売拡大を図るとともに、ハードウェア版リーン開発を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めてまいります。また、グッドデザイン賞審査委員(宮沢 哲委員)による「私の選んだ一品」に選出され、受賞発表日の10月3日(水)より11月4日(日)まで、GOOD DESIGN Marunouchiにて展示・販売されます。

詳細はこちら:http://www.g-mark.org/award/describe/47045?token=2RrhUdn3GM

 

■ 製品名称
バタフライボード2
ButterflyBoard 2

■ 製品概要
ホワイトボードは思考のスピードや豊かな表現力で、アイデアを誘発し、アイデアのプロトタイプを開発できる優れた ツール。しかし、決まった時間、同じ場所、1人では、良いアイデアは生まれません。バタフライボードは特許技術スナップ・バインディング・テクノロジーにより、大きなホワイトボードを持ち歩けるノートサイズに小型化する事を実現。”かく、消す、貼る、広げる、共有する” という機能を高次元で融合し、人間同士の交流を深め、いつでもどこでもアイデア創出を可能にする新たなコミュニケーションツールです。
Whiteboards are great for enriching creative visualization during brainstorms, inspiring teams to innovate and helping them come up with more ideas – faster. However, great ideas can come anytime, anywhere, not just during your scheduled meetings. ButterflyBoard is a communication tool that enables problem-solving and ideation on a lightweight and portable whiteboard – without limitations in time, space or scale. We believe that creative ideas that can change the world come from active conversation and collaboration among people with diverse knowledge, background, and experiences. ButterflyBoard could be used during these intellectual collaborations visualizing ideas and goals, which can happen anytime, anywhere, with anyone.

■ デザイナー
バタフライボード株式会社 /福島英彦
BUTTERFLYBOARD Inc. / Hidehiko Fukushima

■ デザイナーの思い
人が思いつくアイデアは、ホワイトボードのキャンバスの広さに比例して広がる。そこで、持ち運びできるサイズとキャンバスの広さという、相反する要素をひとつのプロダクトに盛り込む特許技術スナップバインディングテクノロジーを開発。マグネットを無極性化する事で、老若男女あらゆるユーザーが意識せず直感でページの着脱をができ、極薄のホワイトボードにビルトインさせる事で、思考の邪魔にならないミニマルデザインを実現しています。「ノート+ホワイトボード」や「模造紙+ホワイトボード」といった足し算の発想でもなく、単にホワイトボードを小さくしただけという引き算の発想でもない、今までにない「生きたキャンバス」を実現する新発想のホワイトボードです。

■ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
小さなホワイトボードを持ち歩くことで、「書く」から始まるコミュニケーションに大きく変化を与えるプロダクト。自社で製作・品質管理をしていることもあり、製品精度も高く評価が集まった。デジタルとの親和性が考えられた質感、オリジナルのペン、何枚も繋げることが出来るバインディングも利用者の世界を拡げていくだろう。筆談などを円滑にする可能性にも期待したい。

kv.b.squareKV.a.square

オフィシャルサイト: http://www.butterflyboard.jp/

オフィシャルショップ:https://shop.butterflyboard.jp/

 

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」に出展
本年10月31日(水)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」において、「バタフライボード2」が特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2018 – 2018年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(水)〜11月4日(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2018/

 

 

 

 

FINTEC SUMMIT 2018で登壇します

FINTEC SUMMIT 2018の2日目(9/26)に登壇決定。

バタフライボードの誕生・進化・未来を語ります。

omote_POF_B5_flyer

詳細はこちら
http://finsum.jp/ja/

プログラムはこちら
http://assets.ctfassets.net/hw5yu8nj8lbg/75nNUrvv8s0mcu8yOykCg8/aaf34bc5f20530033b8aa3efd711fdb3/POF_B5_flyer_0923.pdf

 

 

大前研一ライブでバタフライボードを取上げて頂きました

あの著名な大前研一さんに、「大前研一ライブ」という有料メディア内で、バタフライボードを認知頂きました。

大前研一ライブとは

スクリーンショット 2018-03-03 12.40.20

ビジネス・ブレークスルーの代表も務める世界的な経営コンサルタントの大前研一氏が、マクロな経済情勢や企業経営をテーマに、毎週2時間お送りする看板番組。世界と日本で1週間に起こった出来事から注目すべきニュースを独自の観点から解説。普段目にするニュースでは決して語られない世界や日本の経済情勢、そして、その見えざる背景を、詳しい分析・資料を交えながら解説。(公式サイトより)

 

ビジネスブレークスルーの大学生や、大学院生、Bond University、アタッカーズなどの、BBTの学生や卒業生が毎週視聴する番組です。

 

大前研一さん?

経営コンサルタント マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。 撮影/太田真三(小学館)(公式サイトより)

 

視聴者プレゼントにバタフライボード

https://bb.bbt757.com/news/3169/

縁合って取上げて頂き、視聴者プレゼントとして提供させて頂きました。MBA学生の皆さんが、試行錯誤の過程で頭の整理に利用したり、ホワイトボードのないカフェやコワークスペースなども、3、4人でのブレーンストーミングに利用して頂ければ幸いです。

 

バタフライボードの購入はコチラ

 

0.5mmの極細ホワイトボードペンシルの購入はコチラ

 

角川ドワンゴ学園「N高起業部」起業三種の神器とは

n-high-school-startup-club-1

先日、角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、生徒の起業を支援する教育プログラム「N高起業部」を設立されました。

その「N高起業部」では印鑑、名刺と並びバタフライボード2が起業三種の神器として使われれています!

 

詳細はこちら

http://thebridge.jp/2018/02/n-high-school-launches-startup-club

 

バタフライボードの名前の由来であるバタフライ効果(非常に些細な小さなことが、様々な要因を引き起こし、だんだんと大きな現象へと変化する)でN高起業部のアイデアから、社会に変革をもたらす大きなことが実現される事を願っています。

バタフライボード楽天市場店がオープンしました。

Rakuten_kanji_logo

本日2/26(月)より、楽天市場で販売を開始しました。

 

オンラインで買い物をする際、なんとなくアマゾン派、楽天派、両方を使い分ける派に分かれるのではないでしょうか。

ちなみに私は両方を使い分ける派で、急ぎで欲しものをアマゾンで、ポイントで買えるものを楽天で購入するという様に使い分けています。

そしてもう一つ大きな特徴は楽天では「メール便」が使えるのです。最近EC購入率がメチャメチャ上がり、受け取る行為自体がとても面倒だし、再配達になったらもっと大変。

という事で、バタフライボードはA4サイズ、A5サイズ共にメール便対応にしました!(複数購入は宅配便ですが。。)

 

◆日本でのショッピングモールシェア比較

1位はAmazon 20.2%
2位は楽天 20.1%
3位はYahooショッピング 8.9%

moll-share

https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/gtir/2017/dai1_3.pdf

 

両者の違いを調べてみるとアマゾンは「出品」で楽天は「出店」というビジネスモデルの違いがあるようです。実際アマゾンと楽天のページ制作を行ってみて、まさしくこの感覚の違いが明確になりました。アマゾンはカタログ的に規格サイズのクリエイティブをはめ込んでいくだけなので出品者としては比較的楽に対応ができます。しかし楽天の場合はページ制作の自由度がありますが、楽天独自のCMS(Content Management System)から理解をしなければならないため、出品者からすればかなり苦労します。

また、倉庫連携についてもアマゾンFBAと楽天スーパーロジも同じ傾向で、自由度が高い楽天スーパーロジを使いオートメーション化するには、楽天市場側のレギュレーションとスーパーロジ側のレギュレーションをすべて把握した上で、オートメーション化の仕様を固めていくという作業になります。

 

とにかく、出店を決めてから1ヵ月の時間が掛かってしまいましたが、何とかオープンする事が出来ました。

 

ぜひ、みなさまのEC購買パターンに楽天という選択肢があるようであれば、ぜひよろしくお願いいたします。

https://www.rakuten.co.jp/butterflyboard

 

 

【カンブリア宮殿:ワークマン】アイデアを商品化する方法とは何か

テレビ東京カンブリア宮殿で、職人の衣料品チェーン「WORKMAN」が特集されていました。(バックナンバーはこちら

スクリーンショット 2018-02-24 14.17.05

厳しい寒さとなった今年の冬。あったかブルゾンが売れに売れている店がある。その名もワークマン。アウトドアショップなら数万円はしそうなブルゾンが2900円という破格の値段!その人気と価格の秘密に迫る!

 

ということで、視聴しました。アイデアを形に変えていくというプロセスでとてもヒントがありました。

ワークマン成長のポイント

  • ワークマンの原点:職人に特化した機能性商品のコスパが良い
  • 軍手がヒット商品:軍手周辺から、滑らない靴、防寒具・・と職人/作業者を支える商品展開
  • 全国地場の夫婦で安定したフランチャイズ経営で600店舗を超える
  • ユニクロブランドが上昇した結果、コスパが良い価格帯かつ機能性重視のセグメントに空きポジション
  • ユニクロ・しまむらをベンチマークしながらの店舗・価値づくりを模索
  • 職人・現場の作業員需要は男性のみ。リーマンショックの大打撃でターゲットシフトを余儀なくされる
  • 女性へのターゲットシフト:餃子店舗などで利用する滑り止めゴム靴が、マタニティ主婦の滑り止めシューズへ応用し人気に
  • 作業着から普段着へのシフト:釣り需要・バイクツーリング・スキーなど、趣味での防寒、機能性へ応用しYotubeでも商品レビューが豊富
  • 結果、6年増収増益

 

アイデアを商品化するには?

顧客の声を聞きながら、商品化に繋げるという社風に共感しました。バタフライボードもホワイトボードを「いつでも、どこでも、誰とでも」使える様にしたく、クラウドファンディングやユーザーの声を聞き続けて、商品化をしています。

BB1, BB2はこのプロセスで実施してきましたが、今でも新商品開発やアクセサリー開発もユーザーの声を聞き、ヒアリングを繰り返しています。

大企業だと、カスタマーサポートと開発者の距離が遠かったり、様々な理由で実現が難しいことを体験してきているので、開発しながら声を聞くことの重要性を認識して日々精進しています。少人数だからこそ小回りがきき、バリューチェーンを完結できる強みなのかもしれません。

 

新製品開発のMarketing VS Product

常に答えをお客さんが持っているかというと、そうではないかもしれません。尖った新製品を作って考える様なProduct Orinetedが良いのか、顧客が求めるものを作るMarketing Oriented のどちらでいくべきなのかは、未だに答えが出ていません。プロフェッショナルである以上、どちらも成立させてなんぼの世界です。

当然、Marketing Orientedで行けば、すぐに需要があるのでキャッシュ化はとても近いですが、生活者が既に持つアイデアは誰でもすぐにできるアイデアかもしれません。企業としてはそのアイデアを製品化して売るには少し参入障壁の低いビジネスという意味で、リスクが高いかもしれません。

一方、製品の機能や仕様を磨き上げて、開発者や技術者が凄い!と言い張っても、消費者の需要がなければビジネスとしては成立しません。

このバランスをどの程度チューニングして、世に出すかは経営判断としてとても芸術的な感性が求められる所でしょう。また、会社そのもののカルチャーが製品に出ると言っても良いのかもしれません。 

アイデアブレスト

新製品をどの様にして創造していくのかという件に関して、バタフライボード社はお声かけ頂ければブレスト大歓迎ですのでご一報ください。(もちろんお互いの時間が合えばですが)

そのためのホワイトボードでもありますので、アイデアを練り上げられればと思います。

また、既存製品やバタフライボードの未来のアイデアに関しては、こちらにはFEEDBACKのための投稿フォームを用意しているので、アイデアがあれば是非教えて頂き、参考にしたいと思います。

 

 

バタフライボード用のアプリを作ってみました

バタフライボードアプリ

バタフライボードに書き、撮影、保存、Dropbox/Slack/メールなど、複数タップが面倒ではないでしょうか?バタフライボードアプリを使えば、iPhoneで撮影、保存、Slackでチームに共有し、自分のEvernoteに飛ばしながらも、Dropboxへ保存を一発処理できるので、作業効率がとても向上します。

  • カメラロールへ保存

  • 保存先へ移動

  • 写真を選定し

  • 共有先へ送付(Evernote/Dropbox/Box/メールなど複数)

  • それ私にも送って欲しい!と言われ「Slack」のチームへ

上記の様に記載すると、タップ工程が多数ある事がわかります。

上記工数をバタフライボード用のアプリでを自動化してみましょう!自動化のイメージはコチラの動画ご覧ください。写真指定や保存先のタップだけで他は自動処理してくれます。

イメージ動画:https://youtu.be/d5Q5on7h3lg

何度も利用する方、共有先が多いから、複数アプリをまたぐ方にとっては、時間効率が劇的に向上します。

Workflowを利用したiOSアプリ

今回、ネイティブアプリではなく「Workflow」を利用して自作ました。

Workflowとは

Workflowは、iPhone上の作業を自動化・効率化してくれるアプリです。先駆者が作ったアプリの「レシピ」や、「部品」を多数利用でき「命令のブロック」を「ドラッグ&ドロップ」するだけで、自分なりのiOSアプリが作れる優れものです。iPhone アプリ用のプログラミング言語を知らなくても、「Workflow 」は、簡易アプリケーションであれば自作できる破壊的なアプリです。(当然バタフライボード以外にも応用可)

RPA(Robotic Process Automation)が巷で大流行中なので、バタフライボードもWorkflowを利用して、関連作業を自動化しましょう!

ステップ解説

バタフライボードアプリを作ったWorkflowの内容を以下に詳細を記載していきます。

1:ダウンロード

まずはコチラからWorkflowのアプリをダウンロードをしてください。

ダウンロードができたら、手始めに再生ボタンを押してみましょう。自動でアプリケーションが動き、上から順にブロックが処理されて行くのがわかると思います。

*アクションの追加方法:使いたいアクションを長押ししてドラッグ&ドロップで追加ができます。

2:Workflowを開きバタフライボードアプリを開く

1ホワイトボード20180218

上記画面で、赤枠を解説していきます。まずは、バタフライボードに記載した内容を撮影したいとしましょう。

まずは、何枚写真を撮るか?という意味で、「Numbers of Photosにおいて、Ask When Run」としています。文字通り、アプリをスタートさせると、都度、写真を何枚撮るか聞かれます。バタフライボードで撮影したい枚数を指定しましょう。

どちらのカメラで撮影するのかということで、iPhone裏に付いている「Back」のカメラを指定します。

3:写真の画像の質を落とす

4ホワイトボード20180218

iPhoneで撮影した画像の容量を減らしますが、多少画像が荒くなるため、不要な人はこのプロセスは飛ばしてください。情報が読めれば良いや、という方はこのままでいきましょう。また、自在にQualityのバーを設定して好みの品質に変えてください。Metadataは不要なのでDeactivateしています。

4:撮影した写真をカメラロールへ保存

5ホワイトボード20180218

指定した枚数の写真を、カメラロールに保存します。

5:共有する写真を選択

2ホワイトボード20180218

次に、共有したい写真を選択します。撮影して、共有したい枚数を選択しましょう。私は4、5枚をよく一度に共有して、クラウドに残します。

6:クラウドストレージへ保存

8ホワイトボード20180218

上記の例では、Dropboxを指定しています。現状(2018年1月時点)、Workflowは、

  1. Dropbox
  2. iCloud
  3. Box

に、対応しています。好みのストレージを設定して、各自、サービスにログインして認証をとりましょう。初回だけこの認証作業が必要になります。

7:Evernoteに保存

9ホワイトボード20180218

これも好みですが、私はクラウドのストレージへ保存した後に、ブログなどに記載しやすい様にEvernoteに飛ばしています。不要な方は、Xボタンで消しても大丈夫です。ここでも同様になので、「Get Access」を押して、Evernote側と認証をしましょう。

8:Slackにも投稿

Slackへの投稿を設定してみましょう。7の画面で、左にスワイプすると、色々なブロックが出てくると思いますので、そこで、検索窓で「Slack」 と入力しましょう。

13ホワイトボード201802183070

上記の様に、Post to Slackが出てくるので、タップしたまま右へスワイプすると、

下記の様に、一番下に「Slack」のブロックを追加することができます。

14ホワイトボード20180218

Dropbox等と同様にSlackとも初回に限り認証があるので、登録をすると、Slack ヘアクセスが可能になります。これで、再生ボタンを押すと、上のブロックを順に処理して一番下まで実行することになります。

他にもメールやメッセージ、メモ帳など、沢山の処理ブロックがあるので、組合せ次第では色々なことが効率化・自動化できると思います。IFTTTもあるので、WEBサービスと連携すると無限の可能性が考えられますね。

12ホワイトボード20180218

Workflow勉強会・ワークショップも面白そうです!

 

その他:ホーム画面に登録

iPhoneのホーム画面に、ショートカットを作るとより便利です。

6ホワイトボード20180218

ギアマークを押し、Add to Home Screenを選択。

3ホワイトボード20180218

10ホワイトボード20180218

上記に従うと、ホームボタンに設定できます。

まとめ

これで、iPhone上で、色々タップしていた下記作業が自動化できます!

  • バタフライボードに書いた物を写真撮影
  • カメラロールへ保存
  • 保存先へ移動
  • 写真を選定し
  • 共有先へ送付(Evernote/Dropbox)
  • それ私にも送ってと言われ「Slack」のチームへ

 

簡単にブロックを消したり追加したりするだけで、自動化ができるのでオススメです!他にも便利なアプリができたら皆さんに共有していきたいと思います。こんなのできたよ!という方がいらっしゃいましたらぜひ教授ください。ブログで紹介したいと思います。

 

2017.08.30

持ち歩ける!打合せに便利なA4・A5ノート型ホワイトボード【バタフライボード2】 クラウドファンディング Makuake(マクアケ)

【クラウドファンディング終了】

記録的な結果を残し、無事クラウドファンディングが終了いたしました。

ご支援頂いたみなさま、ありがとうございました!

https://www.makuake.com/project/butterflyboard2/

2017.08.07

【Makuake Award 2017 受賞!】

20731126_10209873443021923_1146160149_n

https://www.makuake.com/pages/press/detail/114/

 

2017.07.26

【プレスリリース】ホワイトボードスタートアップのバタフライボードがクラウドファンディングMakuakeで1,000万円を超える資金を調達し、累計販売台数が1万台を突破!

d21911-6-183614-0

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000021911.html

1 2 3