お知らせ

ロボットがバタフライボードを量産!

デンソーウェーブのCOBOTTA®(コボッタ)と共創!「人協働ロボットによるバタフライボードの生産自動化システム」を共同開発
~2019年1月16日[水]~18日[金] 第3回ロボデックスにて実演~
BB made by COBOTTA_アートボード 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バタフライボード株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:福島英彦)は、2019年1月16日(水)から18日(金)の3日間に東京ビッグサイトにて開催される「第3回ロボデックス ロボット 開発・活用展」の株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡、代表取締役会長:杉戸克彦)のブースで人協働ロボット「COBOTTA®(コボッタ)」を活用したノート型ホワイトボード「バタフライボード」の生産自動化システムを実演・展示いたします。

 

概要

デンソーウェーブの「COBOTTA」は、ロボットの専門知識がなくても簡単に扱うことができる人協働ロボットです。簡単な組み付け作業や仕分け作業など労働集約型の小さな作業を行うのに適しており、急な生産品目の変更や増産対応などで人の手が足りなくなったとき、人の隣にCOBOTTAを配置して仕事を手伝ってもらうなど、フレキシブルに生産ラインを構築することが可能です。
一方、「バタフライボード」は、“たった一人のメーカー”が生んだノート型ホワイトボードとして注目され、2015年の発売以来、日米クラウドファンディングで累計3,000万円以上の資金調達に成功し、ユーザーのフィードバックを反映させながら、国内工場で手作業を中心に小ロット生産を繰り返すハードウェア版リーン開発を行ってきました。
今回「COBOTTA」と「バタフライボード」の共創により、これまで人の手作業で量産を行っていたバタフライボードの生産ラインを自動化するシステム構築に成功しました。
ロボットと人との協働作業で“いつでも、どこでも、適量生産”を実現する生産自動化システムを第3回ロボデックスにて初めて公開します。

 

背景

これまでハードウェアを量産するには、大型の生産設備を導入して安く大量に生産する「工場制機械工業」か、付加価値のある商品を手作業で生産する「工場制手工業」が主流でした。しかし、前者は多額の初期投資がかかる上、一旦設備を導入してしまうと投資を回収するまで生産を継続する必要があり、さらにプロダクトをマーケットフィットさせるための仕様変更が難しく、需要と供給のバランスが崩れたときに大きな負債になります。一方、後者は初期投資が少なく、仕様変更が容易に行える半面、人による手作業での量産体制のため、需要が増えた際に安定した品質で生産量を増やすことが困難でした。
近年はクラウドファンディングが世の中に浸透しつつあり、生産時の初期需要の見極めが可能になりました。しかし、生産体制をフレキシブルに構築できる大手企業には有効な手段ですが、手工業が主体となるベンチャー企業には、需要に応じた生産量の調整と体制作りが課題でした。
今後、新規性の高いハードウェアを世の中に誕生させるためには、クラウドファンディングのような需要の見極めができることに加え、リスクを抑えた供給が行える「適量生産」を可能にする環境が必要になります。

 

今後の展開

個別最適化と量産が同時に行えるデジタル社会では、ハードウェアにおいてもカスタマイズされたプロダクトが益々求められていきます。今後、人協働ロボットによる生産自動化システムの検証・改善を両社共同で行い、バタフライボードの多品種適量生産を実現することで、生産のデジタル化を推進していきます。

BB made by COBOTTA-02

 

 

 

 

 

 

 

■ バタフライボードについて
バタフライボードは特許技術スナップ・バインディング・テクノロジーにより、大きなホワイトボードを持ち歩けるノートサイズに小型化した新たなコミュニケーションツール。”かく、消す、貼る、広げる、共有する” という機能を高次元で融合し、いつでもどこでもアイデア創出を可能にします。2018年度グッドデザイン賞受賞

■ 展示会開催概要
会期 : 2019年1月16日(水)~18日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00 まで)
会場 : 東京ビッグサイト 西1ホール デンソーウェーブブース(小間番号W1-30)
URL : https://www.robodex.jp/

■ 関連リンク
バタフライボード公式サイト:http://www.butterflyboard.jp/
COBOTTA®(コボッタ)サイト:  https://www.denso-wave.com/ja/robot/product/collabo/cobotta.html

※ 内容は発表日現在のものです。予告なしに変更されることがあります
※ COBOTTAは株式会社デンソーの登録商標です

 

▼展示会招待券(無料)はこちら
https://contact.reedexpo.co.jp/expo/NWJ/?lg=jp&tp=inv&ec=ROBO

 

バタフライボードを世に出す際に直面した「第一の量産の壁」はクラウドファンディングと日本の職人技術で乗り越える事ができました。しかしユーザーフィードバックを反映させながら、需要に応じた生産量を確保するという「第二の量産の壁」に直面し、デンソーウェーブさんの協力のもと、人協働ロボットで解決する事にチャレンジいたします。人間とロボットの得手不得手を互いに補いながら生産の効率化を図り、いつでも、どこでも生産ができる環境を構築し、「バタフライボードの進化」を加速していきたいと思います。

みなさまのご来場をお待ちしています!

Whiteboard. Whenever. Wherever. / Manufacturing. Whenever. Wherever.

 

 

▼ユーザーフィードバックを反映させた「A3版バタフライボード」は現在クラウドファンディング実施中!

広さ2倍! 軽さを極めたポータブル・ホワイトボード【バタフライボードProA3】
https://www.makuake.com/project/butterflyboardpro-a3/

 

 

チェンマイ・デザイン・ウィーク(タイ)に出展いたしました!

2018年度のグッドデザイン賞から「教育・学びデザイン」をテーマに、バタフライボード2が選抜され、2018年12月8日〜16日の9日間、チェンマイ・デザイン・ウィークで展示させていただきました。

LOW IMG_1477IMG_9907

LOW IMG_9384LOW IMG_6801

▼詳細はこちら
https://www.jidp.or.jp/ja/2018/12/18/news20181218

▼Chiang Mai Design Week 2018 公式サイト
http://www.chiangmaidesignweek.com/

 

また、2019年1月26日〜2月3日の期間、タイ・バンコクにて行われる「Bangkok Design Week 2019」にも展示し、その後、同じくバンコク市内にある「GOOD DESIGN STORE Bangkok」にて2月いっぱい展示の予定です。
http://www.bangkokdesignweek.com/bkkdw/

 

バンコクにお立ち寄りの際はぜひご覧ください!

 

—————————————————————————————-

新製品のA3版バタフライボード「バタフライボードProA3」は現在クラウドファンディングを実施中!
https://www.makuake.com/project/butterflyboardpro-a3/

 

アスクルさまで販売を開始しました!

本日よりアスクルさまでバタフライボードの販売が開始されました!
Askul_logo.svg

会社でご購入の際は、ぜひご利用ください。

【取扱い商品】
バタフライボード2 A4
バタフライボード2 A5
0.5mm ホワイトボードペンシル3色セット

新製品のA3版バタフライボード「バタフライボードProA3」は現在クラウドファンディングを実施中!
https://www.makuake.com/project/butterflyboardpro-a3/

2018年度グッドデザイン賞受賞展に出展いたします。

本日10/31(水)から東京ミッドタウンで開催されるGOOD DESIGN EXHIBITION 2018[グッドデザイン賞受賞展]において「バタフライボード2」が本年度受賞デザインとして紹介されます。また、アトリウムで開催のポップアップストアではバタフライボードジャケットも含め販売も行いますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

バタフライボードの展示はミッドタウン・タワー4FのG3エリアとポップアップストアはアトリウムのG5エリアとなります。

IMG_6805

GOOD DESIGN EXHIBITION 2018[グッドデザイン賞受賞展]
会期:10月31日(水)〜11月4日(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木) http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/designtouch/exhibition/
グッドデザイン賞受賞展の詳細はこちら http://archive.g-mark.org/gde/2018/

GOOD DESIGN STORE TOKYOで展示販売中!

2018年度グッドデザイン賞を受賞した「バタフライボード2」と「バタフライボード・ジャケット」がGOOD DESIGN STORE TOKYOで10/3~11/4まで展示販売していますので、ご検討中の方はぜひこの機会にお立ち寄りください。

IMG_6746

IMG_6749IMG_6750

<アクセス>

GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA
(グッドデザインストア トウキョウ バイ ノハラ)
〒100-7003 東京都千代田区丸の内二丁目7番2号KITTE丸の内3階
営業時間:11:00–21:00 (日・祝日 11:00–20:00)
WEB: http://gdst.nohara-inc.co.jp
TEL: 03-5220-1007

バタフライボード2が「2018年度グッドデザイン賞」を受賞

GD2018

バタフライボード株式会社の「バタフライボード2」が、このたび2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。「バタフライボード2」は携帯性と拡張性を追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果、高く評価されました。当社では今回の受賞を契機にバタフライボード2の販売拡大を図るとともに、ハードウェア版リーン開発を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めてまいります。また、グッドデザイン賞審査委員(宮沢 哲委員)による「私の選んだ一品」に選出され、受賞発表日の10月3日(水)より11月4日(日)まで、GOOD DESIGN Marunouchiにて展示・販売されます。

詳細はこちら:http://www.g-mark.org/award/describe/47045?token=2RrhUdn3GM

 

■ 製品名称
バタフライボード2
ButterflyBoard 2

■ 製品概要
ホワイトボードは思考のスピードや豊かな表現力で、アイデアを誘発し、アイデアのプロトタイプを開発できる優れた ツール。しかし、決まった時間、同じ場所、1人では、良いアイデアは生まれません。バタフライボードは特許技術スナップ・バインディング・テクノロジーにより、大きなホワイトボードを持ち歩けるノートサイズに小型化する事を実現。”かく、消す、貼る、広げる、共有する” という機能を高次元で融合し、人間同士の交流を深め、いつでもどこでもアイデア創出を可能にする新たなコミュニケーションツールです。
Whiteboards are great for enriching creative visualization during brainstorms, inspiring teams to innovate and helping them come up with more ideas – faster. However, great ideas can come anytime, anywhere, not just during your scheduled meetings. ButterflyBoard is a communication tool that enables problem-solving and ideation on a lightweight and portable whiteboard – without limitations in time, space or scale. We believe that creative ideas that can change the world come from active conversation and collaboration among people with diverse knowledge, background, and experiences. ButterflyBoard could be used during these intellectual collaborations visualizing ideas and goals, which can happen anytime, anywhere, with anyone.

■ デザイナー
バタフライボード株式会社 /福島英彦
BUTTERFLYBOARD Inc. / Hidehiko Fukushima

■ デザイナーの思い
人が思いつくアイデアは、ホワイトボードのキャンバスの広さに比例して広がる。そこで、持ち運びできるサイズとキャンバスの広さという、相反する要素をひとつのプロダクトに盛り込む特許技術スナップバインディングテクノロジーを開発。マグネットを無極性化する事で、老若男女あらゆるユーザーが意識せず直感でページの着脱をができ、極薄のホワイトボードにビルトインさせる事で、思考の邪魔にならないミニマルデザインを実現しています。「ノート+ホワイトボード」や「模造紙+ホワイトボード」といった足し算の発想でもなく、単にホワイトボードを小さくしただけという引き算の発想でもない、今までにない「生きたキャンバス」を実現する新発想のホワイトボードです。

■ グッドデザイン賞審査委員による評価コメント
小さなホワイトボードを持ち歩くことで、「書く」から始まるコミュニケーションに大きく変化を与えるプロダクト。自社で製作・品質管理をしていることもあり、製品精度も高く評価が集まった。デジタルとの親和性が考えられた質感、オリジナルのペン、何枚も繋げることが出来るバインディングも利用者の世界を拡げていくだろう。筆談などを円滑にする可能性にも期待したい。

kv.b.squareKV.a.square

オフィシャルサイト: http://www.butterflyboard.jp/

オフィシャルショップ:https://shop.butterflyboard.jp/

 

グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」に出展
本年10月31日(水)から5日間にわたり、東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITION 2018」において、「バタフライボード2」が特別展示で紹介されます。

GOOD DESIGN EXHIBITION 2018 – 2018年度グッドデザイン賞受賞展 –
会期:10月31日(水)〜11月4日(日)
会場:東京ミッドタウン(東京都港区六本木)
http://www.g-mark.org/gde2018/

 

 

 

 

FINTEC SUMMIT 2018で登壇します

FINTEC SUMMIT 2018の2日目(9/26)に登壇決定。

バタフライボードの誕生・進化・未来を語ります。

omote_POF_B5_flyer

詳細はこちら
http://finsum.jp/ja/

プログラムはこちら
http://assets.ctfassets.net/hw5yu8nj8lbg/75nNUrvv8s0mcu8yOykCg8/aaf34bc5f20530033b8aa3efd711fdb3/POF_B5_flyer_0923.pdf

 

 

大前研一ライブでバタフライボードを取上げて頂きました

あの著名な大前研一さんに、「大前研一ライブ」という有料メディア内で、バタフライボードを認知頂きました。

大前研一ライブとは

スクリーンショット 2018-03-03 12.40.20

ビジネス・ブレークスルーの代表も務める世界的な経営コンサルタントの大前研一氏が、マクロな経済情勢や企業経営をテーマに、毎週2時間お送りする看板番組。世界と日本で1週間に起こった出来事から注目すべきニュースを独自の観点から解説。普段目にするニュースでは決して語られない世界や日本の経済情勢、そして、その見えざる背景を、詳しい分析・資料を交えながら解説。(公式サイトより)

 

ビジネスブレークスルーの大学生や、大学院生、Bond University、アタッカーズなどの、BBTの学生や卒業生が毎週視聴する番組です。

 

大前研一さん?

経営コンサルタント マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。 撮影/太田真三(小学館)(公式サイトより)

 

視聴者プレゼントにバタフライボード

https://bb.bbt757.com/news/3169/

縁合って取上げて頂き、視聴者プレゼントとして提供させて頂きました。MBA学生の皆さんが、試行錯誤の過程で頭の整理に利用したり、ホワイトボードのないカフェやコワークスペースなども、3、4人でのブレーンストーミングに利用して頂ければ幸いです。

 

バタフライボードの購入はコチラ

 

0.5mmの極細ホワイトボードペンシルの購入はコチラ

 

角川ドワンゴ学園「N高起業部」起業三種の神器とは

n-high-school-startup-club-1

先日、角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、生徒の起業を支援する教育プログラム「N高起業部」を設立されました。

その「N高起業部」では印鑑、名刺と並びバタフライボード2が起業三種の神器として使われれています!

 

詳細はこちら

http://thebridge.jp/2018/02/n-high-school-launches-startup-club

 

バタフライボードの名前の由来であるバタフライ効果(非常に些細な小さなことが、様々な要因を引き起こし、だんだんと大きな現象へと変化する)でN高起業部のアイデアから、社会に変革をもたらす大きなことが実現される事を願っています。

バタフライボード楽天市場店がオープンしました。

Rakuten_kanji_logo

本日2/26(月)より、楽天市場で販売を開始しました。

 

オンラインで買い物をする際、なんとなくアマゾン派、楽天派、両方を使い分ける派に分かれるのではないでしょうか。

ちなみに私は両方を使い分ける派で、急ぎで欲しものをアマゾンで、ポイントで買えるものを楽天で購入するという様に使い分けています。

そしてもう一つ大きな特徴は楽天では「メール便」が使えるのです。最近EC購入率がメチャメチャ上がり、受け取る行為自体がとても面倒だし、再配達になったらもっと大変。

という事で、バタフライボードはA4サイズ、A5サイズ共にメール便対応にしました!(複数購入は宅配便ですが。。)

 

◆日本でのショッピングモールシェア比較

1位はAmazon 20.2%
2位は楽天 20.1%
3位はYahooショッピング 8.9%

moll-share

https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/gtir/2017/dai1_3.pdf

 

両者の違いを調べてみるとアマゾンは「出品」で楽天は「出店」というビジネスモデルの違いがあるようです。実際アマゾンと楽天のページ制作を行ってみて、まさしくこの感覚の違いが明確になりました。アマゾンはカタログ的に規格サイズのクリエイティブをはめ込んでいくだけなので出品者としては比較的楽に対応ができます。しかし楽天の場合はページ制作の自由度がありますが、楽天独自のCMS(Content Management System)から理解をしなければならないため、出品者からすればかなり苦労します。

また、倉庫連携についてもアマゾンFBAと楽天スーパーロジも同じ傾向で、自由度が高い楽天スーパーロジを使いオートメーション化するには、楽天市場側のレギュレーションとスーパーロジ側のレギュレーションをすべて把握した上で、オートメーション化の仕様を固めていくという作業になります。

 

とにかく、出店を決めてから1ヵ月の時間が掛かってしまいましたが、何とかオープンする事が出来ました。

 

ぜひ、みなさまのEC購買パターンに楽天という選択肢があるようであれば、ぜひよろしくお願いいたします。

https://www.rakuten.co.jp/butterflyboard

 

 

1 2 3