ユーザー事例

【ユーザー事例】クウェートの砂漠から

バタフライボードユーザーさんからの使用事例紹介

クウェートの石油プラントで働くAさんはこれから掘る穴の構造(直径や深さなど)と、使用する掘削マシーンのスケッチのためにバタフライボードを使って頂いています。

34794259_10217526607303452_4011208152602116096_n34558540_10217526607943468_1688687033758777344_n34729729_10217526607623460_1279997092835622912_n34755257_10217526609023495_8276298698313433088_n

バタフライボードのメリット

・砂漠という風が強い場所では紙やノートでは飛んでいったり、めくれたりして使えないので、腰があるボード状のバタフライボードは使いやすい

・紙に比べ、砂漠の砂がボードにほとんど付かないので屋内と同様に使えるバタフライボードは使いやすい

・外に長く滞在できないので、ラフにイメージを固めるにはかき消しが簡単なバタフライボードは使いやすい

・乾燥地域では紙製だと反ったりして使い物にならないが、温度や湿度に影響がないバタフライボードは使いやすい

 

バタフライボードへの要望

・砂漠でペンが無くなると致命的なので、ボードとペンをくっつけて持ち運べるようにしてほしい

 

砂漠でも使えるバタフライボードに「ペンと一緒に持ち歩けるバタフライボード専用ジャケット」が現在クラウドファンディング実施中!

詳細はこちら↓

https://www.makuake.com/project/butterflyboard-v2_2/